UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11817

タイトル: The Anomalous Behaviour of Geomagnetic Variations of Short Period in Japan and Its Relation to the Subterranean Structure. The 6th report. : The results of further observations and some considerations concerning the influences of the sea on geomagnetic va
その他のタイトル: 日本に於ける地磁気短周期変化の異常と地下構造(第6報) : その後の観測結果及び地磁気変化におよぼす海の影響
著者: RIKITAKE, Tsuneji
YOKOYAMA, Izumi
著者(別言語): 力武, 常次
横山, 泉
発行日: 1955年12月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第3号, 1955.12.10, pp. 297-331
抄録: New results of the recent observations are described in regard to the anomalous distribution of short-period geomagnetic variations in Japan. The possible influence of the sea on the variations is also studied from the standpoint of the electromagnetic induction theory. It is made clear that the observed results can not be explained by the effect of the electric currents induced in the sea. An interpretation concerning a possible cause of the phenomenon is also attempted.
日本における地磁気短周期変化の異常に関連して,伊豆大島に臨時観測所を設けて約2ケ月連続観測を行つた.大島においてもΔZのΔHに対する著しい相似性と,大きな比を認めた.即ち大島も油壷,柿岡を含む異常地域に属するものである.油壷,間瀬においてその後えられた観測結果を加えて,新たに統計的に調べると,その地磁気変化にそれぞれ異方性が認められる.両者とも,理論的に求められた正常分布からそれぞれの様相を以て偏倚している.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11817
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0333006.pdf1.78 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください