UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11828

タイトル: Reflexion und Refraktion der seismischen Wellen durch eine kontinuierlich verandernde Schicht. : I. SH Welle.
その他のタイトル: Renzokuteki ni kawaru Tiso ni yoru Zisin-Nami no Hansya oyobi Kussetu.
著者: Matuzawa, Takeo
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 543-548
抄録: Renzokuteki ni Seisitu no kawaru Tiso wo itiyo na usui So no Kasanari ni okikaete Hansya oyobi Kussetu no Nami wo keisan si, sono Kyokugen to site renzoku no Baai wo dasu. Omona Kekka wa Hansya oyobi Kussetu no Nami no Tuyosa ga (So no Atusa/Hatyo) no Kansu to naru koto de aru.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11828
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334001.pdf196.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください