UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11830

タイトル: Model Experiments of Electromagnetic Induction within the Earth.
その他のタイトル: 地球内電磁誘導現象の模型実験
著者: Nagata, Takesi
Oguti, Takasi
Maekawa, Hideo
著者(別言語): 永田, 武
小口, 高
前川, 英夫
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 561-569
抄録: This is a supplementary note to Rikitake-Yokoyama's paper "The Anomalous Behaviour of Geomagnetic Variations of Short Period in Japan and Its Relation to the Subterranean Structure". It is shown that model experiments are very useful for solving problems of electromagnetic induction within the earth, especially in the cases of complicated distribution of electric conductivity. By means of the model experiments, the problem of anomalous distribution of induced subterranean electric currents in the vicinity of Japan, which was pointed out by Rikitake and Yokoyama, was studied with the result that a possible subterranean distribution of electric conductivity responsible for the said anomalous currents may be something like that shown in Fig. 3.
この論文は力武,横山両氏の論文に対する一補遺であつて,複雑な電気伝導度分布を持つ地球内部への電磁誘導現象を考究するに当つて,模型実験が極めて有効である事を示した.この方法を用いて力武,横山が発見した"日本近傍における地磁気短周期変化の異常分布現象"の解釈を試みたが,現在のところ第3図に示した様な地下の電気的構造が最も都合がよい.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11830
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334003.pdf526.61 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください