UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11837

タイトル: Relation between the Periods of Microseisms and the Situation of Typhoon.
その他のタイトル: 土地の脈動の周期と台風位置との関係
著者: Ikegami, Ryohei
著者(別言語): 池上, 良平
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 681-687
抄録: Periodograms of periods of microseismic waves have been constructed for the five days from September 11 to 15, 1950, when the Typhoon "Kezia" passed over Japan. The following results have been obtained : 1. The periodograms may be classified into two groups ; (a) the periodograms of one group show a sharp peak, the correlation ratio of which is more than 0.5 (Sept. 11 and 12) (Figs. 2 and 3): (b) those of the other group show no striking peak, (Sept. 13 to 15), (Figs. 4-6). 2. It may be considered that the predominant microseisms of Sept. 11 and 12 were directly related with the Typhoon "Kezia" over the Pacific Ocean. But microseismic waves did not always approach the station from the center of the Typhoon. 3. The individual waves of very irregular microseisms from Sept. 13 to 15 had different phases, and may possibly have been of different origin. 4. Microseismic period spectra have also been constructed by means of Tomoda's simplified correlation method (Figs. 7 and 8). The results obtained were also similar to the above-mentioned results.
1950年9月11日~15日の5日間に東京に於て観測された脈動記録(第10図)を用いて,周期のベリオドグラムを作つた.このペリオドグラムと台風位置(第1図)とを比較して次の結果を得た. 1.ペリオドグラムは2群に分類できる. (a) 相関比の値が0.5以上の著しい極大を有するもの. (11日及び12日の脈動で,第2図及び第3図に示す).
URI: http://hdl.handle.net/2261/11837
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334010.pdf460.21 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください