UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11839

タイトル: The Fifth Explosion Seismic Observations carried out in the North-eastern Japan.
その他のタイトル: 東北日本に於ける第5回爆破地震動観測
著者: the Research Group for Explosion Seismology.
著者(別言語): 爆破地震動研究グループ
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 699-707
抄録: In the present experiment, effort of observation was concentrated in a region to the south of the blast point and with ⊿ within 300km. From P waves, a layer of 6.05km./sec. should overlie a lower layer of 7.2 or 7.6km./sec. with a corresponding thickness of 22 or 25km. This result is sufficiently supported by the observation of reflected waves. From S waves, a layer of 3.46km./sec. should overlie a layer of 4.5 or 4.8km./sec. with a corresponding thickness of 32 or 36km. As stated before, discrepancies in the results of the past several experiments arise probably from the inadequate assumption that the crustal structure is uniformly horizontal. The accumulation of data made so far may be sufficient for deduction of a more complicated structure which must be nearer the real state. This deduction should be made with all the available data by taking the geological and gravitational evidences into consideration.
1953年9月13日に日鉄鉱業釜石鉱業所に於いて前回の1952年12月7日の大爆破に引続き第2回の爆破作業が実施せられた.爆破は前回同様落盤による災害発生防止のため脈石除去を目的とし,場所は前回の隣接地点で薬量は総計約42tonである.但し爆発は計画によれば20msづつおいて7段に分けてなされ,観測によると初段より終段まで84msを要した.爆破時刻は前回迄と同様な方法により,オッシログラムより3h04m57.074sと求められた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11839
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334012.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください