UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11841

タイトル: 有線搬送式遠隔記録地震計
その他のタイトル: Line Carrier Telerecording Seismograph (abbr. LTS)
著者: 宮村, 摂三
松本, 英照
著者(別言語): Miyamura, Setumi
Matumoto, Hideteru
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 715-724
抄録: Needless to say, a central registration of multichannel seismic outputs, made by means of exclusively laid wires from several separate transducers with an oscillograph, is of outstanding use in the interpretation of seismograms. But now the procedure has, as is widely known, lost its novelty in exploration seismology. However, the increasing necessity of raising the level of observation accuracy in explosion seismology, or seismic deep sounding of the earth's crust, and natural earthquake seismology has led to the introduction of the central registration method into these fields of pure science.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11841
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334014.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください