UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11842

タイトル: 超短波無線搬送式遠隔記録地震計
その他のタイトル: A VHP Radio Telerecording Seismograph (abbr. RTS).
著者: 宮村, 摂三
辻浦, 賢
著者(別言語): Miyamura, Setumi
Tsujiura, Masaru
発行日: 1956年3月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第33冊第4号, 1956.3.30, pp. 725-731
抄録: A VHP radio-linked telerecording seismograph was designed and constructed, in order to add an unattended substation for the local seismological network of Wakayama earthquake swarms in those regions, where no telephone lines were available for either transmitting the time signals by line telerecording chronograph system (LTC) or sending the seismograms by carrier line telerecording seismograph (LTS). Being constructed as portable, these telerecording systems will be also usefull for other seismometric observations in earthquake and explosion seismology. It may also be useful in the future routine seismological network, especially in speeding up the tunami warnings.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11842
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0334015.pdf1.47 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください