UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11845

タイトル: Notes on the Theory of Vibration Analyser.
その他のタイトル: 振動解析器の理論について
著者: Kawasumi, Hirosi
著者(別言語): 河角, 廣
発行日: 1956年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第1号, 1956.6.25, pp. 1-8
抄録: The spectrum of seismic waves has recently become a matter of increasing interest to seismologists and structural engineers. In view of the trouble of numerical harmonic analysis without instrumental means, other simpler means of approach to this problem have been frequently sought, among which must be mentioned the frequency curve of different periods examined by many investigators. Of late years, however, electric analog computers and other instruments for this purpose have been introduced and used conveniently. But so far as the writer is aware, the basic principles of these vibration analysers are not yet solved completely. He therefore presents some notes on this subject.
最近振動の解析が理工学の各分野に於て盛んに行われるようになり,その為に簡便な共振系が利用されているが,その理論に就いては必ずしも明かにされて居ない点がある.次にその2~3に就いて述べる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11845
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0341001.pdf355.65 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください