UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11851

タイトル: Study on the Elasticity near the Melting Point. : Part II. Velocity of Dilatational Wave in Sodium.
その他のタイトル: 融解点附近の弾性の研究 : 其の2. ナトリウム中の縦波の速度
著者: Shimozuru, Daisuke
著者(別言語): 下鶴, 大輔
発行日: 1956年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第1号, 1956.6.25, pp. 87-96
抄録: 前論文ではWood合金が融解する時に,超音波の縦波の速度がjumpして減少する事を示したが,今回は問題をもう少し定量的に扱うために種々の物理量の判つているSodiumの多結晶を試料とした. Sodiumの場合もやはり速度は,温度が上ると共に減少し,融解点附近になると,その割合が激しく,融解点(=97.6℃)に於いて,不連続的に速度が減少する.その割合は約7%である.実験温度範囲で,密度変化が判つているから,測定された速度の値とから,(K+4/3μ)を計算出来る.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11851
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0341007.pdf477.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください