UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11852

タイトル: 江戸川河口付近の三角州上の干潟堆積物
その他のタイトル: A Study of the Size Characteristics of the Tidal Flat Sediments on the Delta at the Mouth of the River Edo.
著者: 村井, 勇
著者(別言語): Murai, Isamu
発行日: 1956年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第1号, 1956.6.25, pp. 97-112
抄録: Recently, it has been well established that a study of the size characteristics of sediments may afford some data for evaluating the physical conditions of the environments in which these sediments occur. Krumbein and Aberdeen, for example, showed this fact in their study of the sediments of Barataria Bay, the tidal lagoon on the Mississipi delta. They found five main types of sedimentary curves, which displayed a regular variation in size character from deeper to shallower parts of the bay. Moreover, they pointed out the fact that the size (average size) of the sediments may be a function of the currents with-in the bay, and the same environmental factors that control average size also control the spread of the curves.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11852
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0341008.pdf798.93 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください