UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11853

タイトル: 二ッ井地震概説
その他のタイトル: Futatsui Earthquake of October 19th, 1955.
著者: 島, 悦三
柴野, 睦郎
著者(別言語): Shima, Etsuzo
Sibano, Muturo
発行日: 1956年6月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第1号, 1956.6.25, pp. 113-129
抄録: People in the Futatsui area in Akita Prefecture experienced a severe earthquake at 1h 45 m 33s (G. M. T.) on Oct. 19th, 1955 for the first time in local history. Fortunately to say, the earthquake was only semi-destructive in its intensity, the stricken area being confined to the Futatsui town and the Hibiki village which suffered no less of life and only 4 casualties. Owing perhaps to the structural quality of the houses in the district, only 3 wooden houses were half destroyed. But curiously, the "dozo's" or warehouses sustained severer damage, 310 of them being reported as half-destroyed, while one was totally destroyed.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11853
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0341009.pdf2.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください