UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11862

タイトル: On the Relay Computer Designed for Correlogram Analysis.
その他のタイトル: リレーを用いた相関係数計算器の製作
著者: Sato, Yasuo
Matumoto, Tosimatu
著者(別言語): 佐藤, 泰夫
松本, 利松
発行日: 1956年10月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第3号, 1956.10.15, pp. 279-281
抄録: 1. 近時,通信理論の発達に伴い,相関係数を用いる波動の解析がしばしば行われるようになつたが,その計算に労力と時間とを必要とし,能率のよい器械の製作が望まれていた.安芸,友田等によつてもこの目的の為に特殊の器械が考案されていたが,ここに述べるものは,電波研究所の平尾によつて作られたものに形どり,これにいくらかの,改良をほどこしたものである.これに,テレタイプの鑚孔器,送信器及びリレーを用うるもので入力の区分は0より50迄51階級である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11862
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0343004.pdf320.58 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください