UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11864

タイトル: Electrical State and Seismicity beneath Japan.
その他のタイトル: 日本地下の電気的性質と地震発生に関する一仮説
著者: Rikitake, Tsuneji
著者(別言語): 力武, 常次
発行日: 1957年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第4号, 1957.1.30, pp. 291-300
抄録: A hypothetical model of the upper part of the earth's mantle beneath Japan is proposed. In order to account for the low electrical conductivity as has been derived from the study on geomagnetic daily variation, it is assumed that the substance, which usually consists of the layer between the earth's surface and the depth of 400km, wedges into the lower part under Japan as deep as 700km, the width of the wedge being taken to be 200km. By this model, we can roughly explain the low conductivity there as well as the occurrence of deep focus earthquakes, the latter being likely to be caused by the shearing stresses due to the buoyancy force.
地磁気日変化の解析より推定された日本地下の電気伝導度が低いという結果に基づいて,通常地表から深さ400kmまでをしめている物質が日本中部および東北部に於て,約700kmの深さまではいりこんでいるという模型を考えた.地球内の温度および圧力分布を考慮する時,この模型は要求される電気伝導度を与えまたこの貫入部分に働く浮力を計算すると,地球中間層を構成している物質の限界強度に近い数値が求められる.したがつて,この貫入部分の境界に沿つて深発地震が起りやすいと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11864
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0344002.pdf615.51 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください