UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11870

タイトル: 木造家屋の耐震性 第1報 : 人力による振動実験
その他のタイトル: A Seismic Properties of a Wooden House. Part 1. : Vibration Test by means of Artificial Force.
著者: 鈴木, 正治
荘司, 良也
著者(別言語): Suzuki, Masazi
Shoji, Ryoya
発行日: 1957年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第34冊第4号, 1957.1.30, pp. 381-400
抄録: The principal results of these experiments are as follows: (1) So far as the relation of the period to the amplitude of the free vibration is concerned, the period is small when both components of the amplitude are small, but the former increases rapidly until the latter reaches a certain value and after that the period increases more gradually. The relation between them in the case of forced vibration is little different from that in the case of free vibration. From this result, if the amplitude is small, the connection at both ends of the column are considered to be nearly in the state of "clamp," but as the amplitude grows larger, they are considered to be in the state of "support."
URI: http://hdl.handle.net/2261/11870
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0344008.pdf956.17 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください