UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11877

タイトル: Energetics in Active Volcanoes. 3rd Paper
その他のタイトル: 火山活動のエネルギー(第3報)
著者: Yokoyama, Izumi
著者(別言語): 横山, 泉
発行日: 1957年7月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第35冊第1号, 1957.7.20, pp. 99-107
抄録: The method of estimating energy related to volcanic activity, which has been applied to Volcano Mihara and other volcanoes in the previous papers, is extended to an estimate of total energy required to form a particular volcanic zone such as the Seven Izu Islands. The energy thus obtained is discussed in relation to theories of volcanism and seismicity which have been developed by Verhoogen, Gutenberg, Tsuboi, Bullard and Matuzawa.
第1報,第2報で得られた結果を基として,いわゆる火山帯なるものの意義をエネルギー論から検討した.既に地震帯なるものについては,諸学者がいろいろな算定を行い,これからいろいろな説を立てているので,一応これを概観した.火山帯の例として,伊豆七島をとり,これが形成されるまでに放出されたであろう熱エネルギーの量を概算して,地震帯のエネルギーと比較吟味した.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11877
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0351007.pdf514.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください