UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11917

タイトル: Sudies of the Thermal State of the Earth. The First Paper: Preliminary Report of Terrestrial Heat Flow in Japan
その他のタイトル: 地球熱学(第1報) : 日本に於ける地殻内熱流量についての序報
著者: Uyeda, Seiya
Yukutake, Takesi
Tanaoka, Iwao
著者(別言語): 上田, 誠也
行武, 毅
棚岡, 巌
発行日: 1958年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第36冊第3号, 1958.10.31, pp. 251-273
抄録: Determination of terrestrial heat flow in Japan has been attempted for the first time. Geothermal gradient, uncorrected, in the Sasago tunnel, Yamanasi Prefecture, central Japan, is 2.°71C/100m and the mean thermal conductivity of the rocks penetrated by the tunnel is 7.61×10-3 call/cm2 sec℃, giving the amount of heat flow of 2.06×10-6 cal/cm2 sec. This and a few other preliminary results indicate that heat flow in Japan is greater than the global average determined so far, i.e. 1.2×10-6 cal/cm2 sec. It seems, however, in spite of the active seismicity and volcanism of the Japanese Islands, unlikely that the order of magnitude of heat flow is different from the global average, except in areas close to active volcanoes.
本邦に於いては,地殻内熱流量についての研究が全くなされていないので,今回これを試みた.地球内部からの熟エネルギーが,あらゆる地殻内の現象のエネルギー源であることから考えれば,本邦の如き地震,火山活動の活潑な地域での熱流量を知ることは重要なことである.まだ序報の段階であるが,得られた結果は次の如くである.本邦といえども火山の極く近傍以外の場所での熱流量は,世界各地で従来測定された値と同じく,10-6cal/sec cm2の桁である.しかし,本報の結果によれば,本邦での値はやや大きいようである.以後測定の数および精度を増して行く予定である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11917
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0363001.pdf1.49 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください