UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11919

タイトル: A Study of Strong Earthquake Motions
その他のタイトル: 強震動に関する1つの考察
著者: Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 金井, 清
発行日: 1958年10月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第36冊第3号, 1958.10.31, pp. 295-310
抄録: 前論文において,地震動の周期と振幅の関係について,次の関係式を得た.即ち,Am・s=53Tm2.56m,(1)2πA/T(≡V)=一定(2)ここに,Aは振幅,Tは周期,Vは速度,Am・sは震央距離100kmにおける変位スペクトルの最大値(ミクロン),7%はその周期である.本研究では,普通の大きさの地震で得られた,これらの実験式が,はたして構造物に破壊をもたらすような地震動にもあてはまるかどうかをしらべたらのである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11919
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0363003.pdf776.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください