UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11929

タイトル: Physical Conditions of Earthquake Faults as Deduced from Geodetic Date
その他のタイトル: 地震断層の性状について
著者: Kasahara, Keichi
著者(別言語): 笠原, 慶一
発行日: 1958年12月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第36冊第4号, 1958.12.25, pp. 455-464
抄録: Horizontal displacement of triagulation points around an earth-quake fault provides valuable information about physical conditions of faulting. The writer applies his theory of a strike-slip fault to some actual cases for the purpose of finding their probable conditions, such as the depth, the magnitude of stress change in the fault plane, and the strain energy associated with the crustal deformations. The analysis is effected for the San Andreas fault, the Gomura fault, the Tanna fault, the Imperial Valley fault, and the Fairview Peak fault, geodetic data of which have been reported in detail by several geo-physicists.
さきに提出した断層模型の立場から,代表的な横辷り断層と思われるSan Andreas断層,郷村断層,丹那断層(以上の3例については一部報告済み),Imperial Valley断層,Fairview Peak断層についてその性状を考察した.おもな結論は次の通りである.1.これらの断層面はそれぞれ6kmから15kmの深さに達していたものと推定されるが,験震学的に求められている震源の深さもまた,ほぼこれに匹敵する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11929
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0364002.pdf564.72 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください