UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11932

タイトル: Attenuation of Geomagnetic Secular Veriation through the Conducting Mantle of the Earth
その他のタイトル: 地球中間層による地磁気永年変化の減衰
著者: Yukutake, Takesi
著者(別言語): 行武, 毅
発行日: 1959年5月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第1号, 1959.5.15, pp. 13-32
抄録: On the assumption that a time-dependent electric current sheet, at the core boundary, of which the magnetic potential is equivalent to that due to magnetic dipoles distributed at random, is the source of geomagnetic secular variations, the decrease in amplitudes of the secular variation through the mantle is discussed by taking the existence of the conducting core into account. The lower harmonic components damp out more conspicuously than the higher ones. The electrical conductivity of the mantle to cause an attenuation most compatible with that inferred from the observation ranges 4.5×10-10e.m.u.≦σ≦2.0×10-9e.m.u. at the depth of 2500km.
地磁気永年変化は,地球核表面を流れる電流の時間的変化によつて生ずると考えられている.磁気双極子がat randomに核表面に分布しているのと,等価な電流系を考え,その時間的変化が地表面で永年変化として観測されると仮定し,その電流系によつて地表面にできる磁気ポテンシャルが,地球中間層の電気伝導度を種々に変えることによつてどのように変化するかを求めた,中間層の電気伝導度を大きくしてゆくと,n=3迄では,低いharmonicの係数ほど,減衰度が大となり,実測より得られたポテンシャルの形にもつとも近いように,中間層の電気伝導度をきめると,2500km位の深さで4.5×1O-10e.m.u.≦σ≦2.0×10-9e.m.u.という値が得られた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11932
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0371002.pdf895.96 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください