UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11934

タイトル: Physical Conditions of Earthquake Faults 2 : A Model of Strike-slip Faults with Various Dip Angles
その他のタイトル: 地震断層の性状について(2) : dipが90°でない場合の断層模型
著者: Kasahara, Keichi
著者(別言語): 笠原, 慶一
発行日: 1959年5月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第1号, 1959.5.15, pp. 39-51
抄録: The writer deals with a model of strike-slip faults for the purpose of studying the characteristics of crustal deformation when the dip of the fracture plane is not given as 90°. The model is presented on the assumptions which are similar to those in the previous paper, but no assumption on the dip angle is made in the present one. An orthodox analysis of such a model being very difficult even in the simplest case, the writer reduces the problem to the Laplace equation and solves it by the relaxation method as well as by model experiments based on the electric-elastic analogy.
横辷り型であり,且つそのdipが90°であるような断層模型については,既に前報においてその基本的特性を考察し,いくつかの実例に対する比較をも試みて来た.今回はこの模型を拡張してdipが90°でない場合にどういう特性の地殻変動(水平移動)が期待されるかを調べたものである.このような力学模型に対する解析的な解を求めることは極めて困難であるから,dipが60°の場合についてはrelaxation methodによる数値解法を行い,更に一般の場合については(ψ=90°~60°)電場と辷り歪の場との類似性に基づく模型実験を行つた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11934
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0371004.pdf701.29 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください