UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11935

タイトル: Comparative Studies of Earthquake Motions on the Ground and Underground. (Multiple Reflection Problem)
その他のタイトル: 地下における地震動の研究(重複反射の問題)
著者: Kanai, Kiyoshi
Tanaka, Teiji
Yoshizawa, Shizuyo
著者(別言語): 金井, 清
田中, 貞二
吉沢, 静代
発行日: 1959年5月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第1号, 1959.5.15, pp. 53-87
抄録: A spectral analysis of seismograms obtained both on the ground and underground has been carried out. The observation places were at Hitachi Mine and Tokai-mura, Ibaraki Prefecture. It was clarified by comparing the observational results with the theoretical results, that the amplitude on the ground grows very large according to the multiple reflection of seismic waves in the superficial layer.
この研究は,茨城県日立鉱山の地上と地下300m,茨城県東海村(日本原子力研究所構内)の地上と地下21m(場所(A)),地上と地下7m,21m(場所(B))の3組の地震動比較観測を行い,その記録をレスポンス,コンプューターによつて周期解析したものである.次に,この研究でわかつたことを列挙する.(1)地下深所における地震動の変位スペクトラムには山があり,その山になる周期は地震が大きいほど長くなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11935
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0371005.pdf1.56 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください