UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11936

タイトル: Observation of Seismic Waves from Four Explosions near the Kamaisi Mine
その他のタイトル: 釜石鉱山附近4回の爆破地震動の観測について
著者: The Research Group for Explosion Seismology
著者(別言語): 爆破地震動研究グループ
発行日: 1959年5月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第1号, 1959.5.15, pp. 89-121
抄録: すでに行われた石淵3回および釜石鉱山2回の大爆破の観測結果を綜合して,東北地方の地下構造が推算された.そのとき得られた地層のうち,P波速度5.8km/secおよび6.1km/secの2層の境の面のありさまは,特に興味あるものであるが,その東辺の構造が充分よくわからなかつたので,おもに,それをきめるために,釜石鉱山および釜石港附近の4点の爆破のくわしい観測を行つたものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11936
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0371006.pdf3.4 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください