UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11958

タイトル: Geophysical Evidence of the Olivine-spinel Transition Hypothesis in the Earth's Mantle
その他のタイトル: 20°不運続と電気的性質
著者: Rikitake, Tsuneji
著者(別言語): 力武, 常次
発行日: 1959年10月20日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第3号, 1959.10.20, pp. 423-431
抄録: Assuming olivine-spinel transition of Mg2SiO4 at the depth of 400 km in the earth, the difference in free energy between sub-stances composing the upper and lower mantle is estimated. The difference obtained here is approximately the same as that deduced by Ringwood from experimental results. The influence of the transition on the electrical conductivity is also studied. The steep increase of the electrical conductivity at the depth as inferred from the studies of geomagnetic variations seems to be justified by the transition hypothesis.
最近Ringwoodは,Ni2GeO4-Mg2SiO4固溶体を調べ,地球中間層内に於てMg2Si04がオリビンスピネル転移を起すことが可能であることを推論した.彼の研究によれば,転移に伴なう自由エネルギーの変化は1,500℃に於て70,000±10,000Joule/mole,密度変化は約11%,スピネルMg2SiO4の格子常数は7.99Åとなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11958
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0373003.pdf551.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください