UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11966

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth. The Third Paper : Terrestrial Heat Flow at Hitachi, Ibaraki Prefecture, Japan
その他のタイトル: 地球熟学(第3報) : 茨城県日立市に於ける地殻内熱流量
著者: Horai, Ki'iti
著者(別言語): 宝来, 帰一
発行日: 1960年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第4号, 1960.1.30, pp. 571-592
抄録: From 68 measurements of rock temperature made at various points in drifts of Hitachi copper mine, geothermal gradients at these places were determined. The thermal gradient was found to be 0.94×1O-2℃/m and 1.21×10-2℃/m in the north and the south parts of the mine respectively. Thermal conductivity of 36 rock specimens collected from various parts of the mine was measured using the divided-bar method. Apparent thermal conductivities of the rocks at the two parts are 6.73~7.08×10-3 cal/cm sec℃ and 6.50~7.43×10-3 cal/cm sec℃. The terrestrial heat flow from the interior to the surface of the earth was computed to be 0.63~0.67×10-6 cal/cm2 sec for the north part and 0.78~0.90×10-6 cal/cm2 sec for the south part. These values are a little smaller than those already found in Japan.
茨城県日立市日立鉱山に於ける地下温度勾配及び岩石熱伝導率測定の結果,鉱山の北部及び南部の二地域で温度勾配はそれそれ0.94℃/100m,1.21℃/100mであること及び等温面がほぼ地表面に平行すなわち熱流の方向がほぼ地表面に垂直であることを見出した.又岩石熱伝導率測定値にもとづいて北部及び南部二地域の見かけの熱伝導率は6.73~7.08×10-3cal/cm sec℃及び6.51~7.43×10-3cal/cm sec℃であると算定された.これによると,地殻内熱流量は北部に於て0.63~0.67×10-6cal/cm2 sec,南部に於て0.79~0.90×10-6cal/cm2 secとなるが,この値は第一報に報告された笹子トンネルに於ける結果2.06×10-6cal/cm2 secよりも低いのみならず世界の平均とされている1.20×10-6cal/cm2 secよりもなお低いようである.ここに求められた結果が,地殻内の局地的異常を表わすものか,或いは更に大規模な現象,中間層に於ける熱対流など,に関連あるものであるかどうかを追求するためには,更にこの程の研究の成果の集積をまたねばならない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11966
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0374002.pdf1.06 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください