UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11967

タイトル: 紀伊半島の局地地震(第2報) : 震度調査による和歌山県下地震活動の概況
その他のタイトル: Local Earthquakes in Kii Peninsula, Central Japan : Part 2. A Brief Review of Seismicity in Wakayama Prefecture based on Intensity Investigations
著者: 宮村, 攝三
著者(別言語): Miyamura, Setumi
発行日: 1960年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第4号, 1960.1.30, pp. 593-608
抄録: 人体感覚にもとづく震度報告により和歌山県下の地震活動状況を調査した結果,和歌山より御坊にいたる海岸地方がもつとも活動的であり,日高川中流,富田川上流および日置川流域にそれぞれやや活動的な場所が推定された.また県の南東部および北東部には局地的地震が非常にすくないこともわかつた.気象庁の地震観測網による験測はこのような局地地震に対してはきわめて不充分であり,区内観測所の震度報告に依存することがおおきいのでその確実な運用がのぞまれる.
In the central part of Wakayama Prefecture we often observe an earthquake felt, seismic waves from which are not recorded by the seismographs at two routine seismological stations situated on the northern and southern extremities of the Prefecture, i.e. Wakayama and Sionomisaki Weather Stations. Such earthquakes are either very shallow local shocks or rather deep small earthquakes, of which the latter are often recorded at a few stations outside the Prefecture. On the other hand, the former, being recorded at no seismological station, might have been missed from our earthquake catalogue, if they were not reported from the substations entrusted with intensity report by J. M. A. at many places in the Prefecture. Consequently, if we wish to know the seismicity of such local earthquakes, we must not only depend upon published seismometrical data, but also consult the intensity reports obtained throughout the region.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11967
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0374003.pdf900.37 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください