UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11969

タイトル: 南九州の"しらす"の粒度組成
その他のタイトル: Size Characteristics of the "Shirasu" deposit distributed in the southern park of Kyushu Island
著者: 村井, 勇
津屋, 弘逵
著者(別言語): Murai, Isamu
Tsuya, Hiromichi
発行日: 1960年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大學地震研究所彙報. 第37冊第4号, 1960.1.30, pp. 637-647
抄録: 南九州の"しらす"は,その粒度組成が浅間火山の軽石ときわめてよく類似している.いずれも一般の降下性火砕堆積物とは異つた粒度組成を持つている.阿蘇火山の"灰石"も前者と同様の粒度組成を持つているCrater Lake地域の"Older Pumice"と同様に,これらの堆積物はおそらく火山砕屑流の状態で噴出し,山腹を流下して堆積したものであろう.
This paper presents the results of mechanical analyses of the "Shirasu" distributed in the southern part of Kyushu Island, as a part of the writer's study on the mechanical composition of pyroclastic deposits of several volcanoes in Japan. The "Shirasu", which means "white sand", is distributed widely in the volcanic district of South Kyushu, forming a vast tableland around the north part of Kagoshima Bay. It is very often accompanied with the underlying "Hai-ishi", which means "ash stone" and may be a welded part of the "Shirasu". The "Shirasu" consists mainly of volcanic ash and pumice, accompanied with some rock fragments. Its thickness varies greatly, usually being 50 to 150 meters. It shows no bedding in almost every case, (see Figs. 1 and 2)
URI: http://hdl.handle.net/2261/11969
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0374005.pdf624.85 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください