UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11981

タイトル: 12. An Attempt to Detect Azimuth Effect on Spectral Structures of Seismic Waves : The Alaskan Earthquake of April 7, 1958
その他のタイトル: 12.大地震発震スペクトルの方位特性に関する一つの試み : アラスカ地震の場合
著者: Kasahara, Keichi
著者(別言語): 笠原. 慶一
発行日: 1960年7月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第38冊第2号, 1960.7.10, pp. 207-218
抄録: The author worked out a spectral analysis of the seismic waves radiated by the Alaskan earthquake of April 7, 1958. It purposes to make a kind of tests whether or not the "point" or the "spherical" origin models of earthquakes explain the actual mechanism of wave radiation completely. Because, suppose these models represent the nature of earthquake origins very well, then the waves of the same spectral structure (P- and S-waves) are to be observed at all the azimuths. Seismograms recorded with the Press-Ewing type seismographs at Tsukuba and other six stations were used conveniently. These stations except Resolute Bay are located at nearly equal epicentral distances (40-55°), so that the comparison of their data can be made fairly simply. It was found out that no special azimuth effect was observed in the spectra of P-waves. On the other hand, as to S-waves, a notable difference in the spectrum type was detected between three groups of stations. This difference is more likely to be attributed to the mechanism of wave radiation, rather than to the distortion of spectra caused by some conditions of wave propagation. Since the available data are very few at present, definite conclusions will be postponed until more examples are obtained.|1958年4月7日に起きたアラスカ地震の記録についてスペクトル解析を行なつた.その目的は,震源から伝わるP波およびS波のそれぞれが,あらゆる方向に同一のスペタトル構造をもつて射出されているか否かを検討しようとするものである.ふつう震源機構を説明するのには"点源"または"球状源"の模型を適用するのが常識になつているが,これらに共通する性質としてP波・S波のスペクトル構造は各方位に同一の型を示すはずである.一方,断層模型などのようにスペクトル構造が規則的な方位特性を示すものも考えられる.従つて,観測事実が方位特性を肯定するか否定するかを明らかにすることは,震源の形を知る上に重要な手がかりを与えてくれる.解析にあたつては,筑波をはじめとする計7ヵ所の記録を資料として用いた.これらの観測所はすべてPress-Ewing型長周期地震計を備えており,しかもResolute Bayを除いてはほぼ同一の震央距離(40~55゜)にある.このことは解析結果を相互に比較する上に大へん有利である.P波のスペクトル構造に関しては格別の方位特性は認められない.これに反しS波のそれは,いろいろな因子の影響を考慮してもすべての観測点で同一型式とは考え難いように見える.数少ない資料であるから具体的にどういう方位特性であるか断定できないし,まして,どういう震源模型が最適であるか決めることは難しい.しかし,今後この種の資料が集積されるにしたがつて,震源の性状に関する一つの決め手が得られるものと招待される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11981
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0382003.pdf639.3 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください