UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11987

タイトル: 18. A Differential Proton Magnetometer
その他のタイトル: 18.プロトン磁力計による地磁気傾度計
著者: Rikitake, Tsuneji
Tanaoka, Iwao
著者(別言語): 力武, 常次
棚岡, 巌
発行日: 1960年7月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第38冊第2号, 1960.7.10, pp. 317-328
抄録: A magnetometer that records differences in total geomagnetic intensity between two points is described. By mixing the signals caused by free precession of protons from the two detecting coils, the beat signal is recorded on a pen-writing oscillograph. According to the test of the apparatus at the Oshima Geophysical Observatory, the accuracy of the differential magnetometer is found to be about 0.2γ/10m at the moment. Since it is easy to increase the distance between the two coils, the sensibility of the apparatus can be increased. The purpose of the present apparatus is to detect very accurately local anomalous changes in the earth's magnetic field which might be accompanied by activities of Volcano Mihara.|プロトン磁力計の2個の検出器からの信号周波数を混合して得られる唸周波数を計数して,2地点の地磁気全磁力の差を0.2γ程度の精度で測定する装置を考案した.この器械は地震研究所伊豆大島観測所に設置され,三原山の火山活動に伴なうと予想される地磁気変動の精密観測に使用される予定である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11987
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0382009.pdf594.13 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください