UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/11998

タイトル: 29. Stability of Waves through a Heterogeneous Medium and Apparent Internal Friction
その他のタイトル: 29.不均質な媒質内を伝る弾性波の安定性について : 見掛けの内部摩擦係数
著者: Yoshiyama, Ryoichi
著者(別言語): 吉山, 良一
発行日: 1961年1月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第38冊第4号, 1961.1.10, pp. 467-478
抄録: 弾性波の速度をc(x)=α(1+b cos γx)としてMathieuの微分方程式によつてかかる媒質内を伝播する弾性波の安定性をしらべた.考えとしては古い問題であるが波動伝播の理論とむすびつけて具体的に取扱つた例はない様である.地震波の観測に現われるいわゆる内部摩擦の見掛値との関係をしらべるとbの値がほとんど直接摩擦係数1/Qに相当することになるのでその影響は見逃し得ないものがある.媒質のinternal frictionを1/Qとすればある特定の周知τ=4π/αγの波,波長で比較すれば媒質の構造上の波長2π/γの2倍の波長の波に対する振巾減衰の式は結局A=1/cosh(πbx/ατ) exp(-πx/Qατ)で表わされる.したがつてその様な構造がつづく限り遠いところでの傾向を見ればそのような波に対する媒質の見掛けのinternal frictionは|b|+1/Qとなる.今後調査すべきことは地殻内の弾性波の速度は場所によつてある平均値を上下しているであろうが,それをc(x)=α(1+Σnbncosγnx)の形においた時|bn|の大いさが種々のγnに対してどのような値を取るかである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/11998
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0384001.pdf645.66 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください