UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12019

タイトル: 18.長岡地震による地盤変動
その他のタイトル: 18. Land Deformation accompanying with Nagaoka Earthquake, Feb. 2nd, 1961
著者: 岡田, 惇
著者(別言語): Okada, Atsushi
発行日: 1961年12月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第3号, 1961.12.15, pp. 537-547
抄録: (1) A local, but severe earthquake occurred near Nagaoka City, Niigata Prefecture, on February 2nd, 1961. Its epicentral area was in the western part of Nagaoka City, being not very far from the area stricken by the Sekihara Earthquake of 1927. Figs. 2 and 3 show the epicenter and isoseismal lines of the earthquake (after JMA, Niigata Meteorological Observatory). According to the JMA, the epicenter was located at 37°27'N and 138°49'E, and the depth of the origin about 10 km. The magnitude of the earthquake was 5.0. (Gutenberg-Richter)
URI: http://hdl.handle.net/2261/12019
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0393007.pdf1.32 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください