UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12021

タイトル: 20. 1961年2月27日日向灘地震に伴なつた津波について
その他のタイトル: 20. On the Tsunami which accompanied the Hiuganada Earthquake of Feb. 27, 1961
著者: 高橋, 龍太郎
羽鳥, 徳太郎
著者(別言語): Takahasi, Ryutaro
Hatori, Tokutaro
発行日: 1961年12月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第3号, 1961.12.15, pp. 561-577
抄録: At 3 h 10m 59.1s (J.S.T.), Feb. 27, 1961, there occurred a remstrong earthquake off the south-east coast of Kyushu, Japan. According to the Japan Meteorological Agency (JMA), the magnitude of the earthquake was 7.2, depth 17km and the position of the epicenter 31°.7 N, 131°.7E. Accompanying this earthquake, a moderate tsunami was observed on the coasts of Kyushu and Shikoku.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12021
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0393009.pdf582.37 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください