UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12022

タイトル: 21. An Interpretation of the Transient Geomagnetic Variations Accompanying the Volcanic Activities at Volcano Mihara, Oshima Island, Japan
その他のタイトル: 21.伊豆大島における火山活動と地磁気変化についての一解釈
著者: Uyeda, Seiya
著者(別言語): 上田, 誠也
発行日: 1962年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第4号, 1962.3.15, pp. 579-591
抄録: The reversible change in the geomagnetic declination accompanying the major activities of Volcano Mihara, Oshima Island, has been interpreted as being due to heating and cooling, or demagnetization and remagnetization of a subterranean mass at a depth of a few km. In the present paper, an alternative way of interpreting the observation is proposed. In the new model, the heated region is assumed to be a cylinder (r&pcong;430m) extending from the depths to the surface crater. It is shown that the gradual heating of the cylinder from beneath would produce the apparently reversible change in the declination, without requiring any rapid cooling which has been the difficulty in the classical model. Even in the new model, the transfer of heat both in the heating and cooling of the cylinder would need some process such as convective transfer, which is much more effective than the ordinary conductive one.|伊豆大島三原山の火山活動に伴なつて,同島野増地磁気観測所では偏角に可逆的変化があることは,力武,横山らによつて確かめられている.この現象は地下数粁の深さに仮定された球状部分が,火山活動の消長に伴なつて加熱,冷却され,その磁性を失なつたり,再獲得したりするとして解釈されている.本論文では多少異なつた解釈法が提出される.新らしいモデルでは加熱される部分は半径約430mの円筒状の部分であつて,地下深所より火口に達するとされる.このような円筒が下部から徐々に加熱されるとすると,野増観測所における偏角は見掛け上,可逆的な変化を起すことが示される.この場合には,従来のモデルで必要とされたような急速な地下球体の冷却は要求されない.ただし,新らしいモデルにおいても,数年おきに火山活動が起り,これに伴って磁場変動もあるという観測事実を説明するためには,対流現象のような効果的な熱伝達機構を山体内に仮定する必要がある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12022
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0394001.pdf685.23 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください