UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12023

タイトル: 22. Some Experiments on Thermal Shock Fracture of Rocks
その他のタイトル: 22.岩石の熱衝撃破壊について
著者: Uyeda, Seiya
Yabu, Takeo
著者(別言語): 上田, 誠也
藪, 武夫
発行日: 1962年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第4号, 1962.3.15, pp. 593-601
抄録: Thermal shock resistance and thermal strain are examined experimentally on basaltic rocks: thermal strain was created in the sample, cylindrical in shape having a coaxially drilled inner hole, by suddenly pouring hot molten metal into its inner hole. It was observed that the thermal strain (tensile) measured on the outer surface of the sample increases with the increase in the temperature of the poured metal. When the thermal strain reached the critical strain, fracture was observed. The temperature of the poured metal when it causes a fracture was in the present case about 800℃ onwards.|玄武岩の熱衝撃抵抗および熱歪を実験的に調べた.熱歪は,円筒状内孔を有する玄武岩柱に,種々の温度の熔融金属を注入して生ぜしめられた.標本表面に発生する引つ張り歪みは,ストレーンゲージによつて測定されたが,注入金属の温度とともに増大することが観られた.また破壊を起す場合の金属温度はほぼ800℃以上であつた.800℃以上の温度差を有する高温岩漿が,地層岩石内に突然注入した場合には,熱衝撃破壊の発生が予想される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12023
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0394002.pdf456.89 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください