UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12035

タイトル: 34.北美濃地震余震観測 : 勝原および姪ケ野における観測
その他のタイトル: 34. Aftershocks of the Kita Mino Earthquake of August 19, 1961 : Observations at the Kadohara and the Hirugano stations
著者: 表俊, 一郎
唐鎌, 郁夫
中島, 直吉
斎藤, 貞夫
茅野, 一郎
著者(別言語): Omote, Syun'itiro
Karakama, Ikuo
Nakajima, Naoyoshi
Saito, Sadao
Kayano, Ichiro
発行日: 1962年3月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第4号, 1962.3.15, pp. 881-894
抄録: For the purpose of carrying out the observations for the aftershocks of the Kita-Mino earthquake of August 19, 1961, we set up two temporary stations at Kadohara and Hirugano. In cooperation with the Hachiman station which was also installed temporarily for the observation of the aftershocks by Miyamura et al, a net for the observation of the aftershocks began its operation on 25th August and closed its activity on 20th September. The ocations of these stations will be seen in Fig. 1. Frequency diagrams of the p-s duration times for the shocks observed at these stations are shown in Figs. 4, 5 and 6. Maximum frequencies of the p-s duration times are 1.0, 1.2 and 4 sec for Kadohara, Hirugano and Hachiman respectively.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12035
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0394014.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください