UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12042

タイトル: On the Spectrum of Strong Earthquake Motions
その他のタイトル: 強震動の周期特性
著者: Kanai, Kiyoshi
著者(別言語): 金井, 清
発行日: 1962年8月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第40冊第1号, 1962.8.15, pp. 71-90
抄録: アメリカの強震計記録を20あまり解折した結果,これまで普通の大きさの地震動の研究から得られた地盤の振動性状に関する結論が,強震動にも同じようにあてはまることが明かになつた.また,強震動の加速度スペタトルが,同一場所での常時微動の周期頻度分布に類似することも,かなりよく確かめられた.これらのことは,世界中のどこかで観測された強震動の記録を,耐震設計用の資料として利用する場合の1つの方法を示唆するものである.即ち,世界中で得られた強震動記録のうち,構造物の建設予定地の地盤の振動性状と類似した地盤の観測所で得られた記録を採用する.地盤の振動性状をしらべるのには,普通の大きさの地震動の観測をするか,場合によつては,常時微動の測定で間に合わせるという方法が考えられるわけである.また,この研究で,地震動の摂動性状が,表面層内での弾性波の重複反射の理論で説明できることを,更に明かにした.また,いわゆる硬質地盤上の地震動の周期特性と軟弱地盤上のそれとが類似した,いくつかの実例を,地震動の震動性状が,G(T)=f(Hn/vn, ρn+1vn+1/ρnvn, T) (10)で表わし得ることで,理論的に説明した.それで,最後に一言ふれておきたいのは,(10)式は,地震工学上での地盤の良否の判断が静的な立場からと動的な立場からとで,ちがう場合があり得ることを示すものであるということである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12042
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0401003.pdf726.85 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください