UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12060

タイトル: Some Investigations on the Character of Crustal Deformation
その他のタイトル: 地殻変動における二,三の特性
著者: Okada, Atsusi
著者(別言語): 岡田, 惇
発行日: 1962年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第40冊第3号, 1962.11.30, pp. 431-493
抄録: 地殼変動の研究は測地学の発達と共に多く行われ,とくに日本では全国に拡がる水準路線の繰り返し測量によって水準点の垂直変動から明らかにされてきた.これらの垂直変動の内で日本列島およびその周辺に発生する大地震と急激な変動の関係,大地震の起らないときに進行する緩漫な変動と重力異常との相関等の再検討を試みた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12060
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0403004.pdf2.52 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください