UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12077

タイトル: The Anomalous Behaviour of Geomagnetic Variations of Short Period in Japan and Its Relation to the Subterranean Structure. THe 10th report.
その他のタイトル: 日本における地磁気短周期変化の異常と地下構造(第10報)
著者: Rikitake, Tsuneji
Yabu, Takeo
Yamakawa, Kazumi
著者(別言語): 力武, 常次
藪, 武夫
山川, 和美
発行日: 1963年3月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第40冊第4号, 1963.3.10, pp. 693-717
抄録: An s.f.e. that occurred on Aug. 16, 1958 is analysed in the hope of studying the underground structure beneath Japan. Since the inducing field prevails in a westerly direction in this case, it is expected to add something new to the previous studies because the analyses hitherto made have been mostly concerned with changes in a north-south direction. The distributions of magnetic potential for the s.f.e., both external and internal origins, are obtained first. On the basis of the distributions of magnetic potential and vertical component in and around Japan it is concluded that the anomalous part of the induced field, that is not quite vanishing even for the present case, seems likely to be caused by the northerly change in the inducing field though it is much smaller than the westerly one. As far as we assume that the anomaly of geomagnetic variations of short period in Japan is caused by electric currents flowing in an underground circuit connected to the conducting part of the mantle, as has been discussed in the previous papers, the connecting points must be located on a line running approximately from east to west, so that very little current is excited in the circuit when the inducing field changes to an east-west direction. The world's maps of magnetic potential enable us to discuss the earth's electrical state on a large scale. Applying a theory of electromagnetic induction by a time-dependent magnetic dipole in a spherical conductor, a conclusion which differs very little from the previous one for the average state of the earth'is^obtained.
1958年8月16日の地磁気s.f.e.変化を解析した.日本における地磁気短周期変化の異常の研究は,従来主として地球磁場の変化か南北方向に卓越する場合について実施されてきたが,今回のs.f.e.の場合には,変化ベクトルが西を向いているので,従来の結果にさらに新事実をつけ加えるものと期待された.日本の8観測所および多数の各国観測所の資料にもとづいて,変化ポテンシャルの分布図をつくり,特製の地球儀を使用して,ポテンシャルを地球外および内に原因を有する部分に分離した.この両部分を比較することにより,日本付近の地磁気変化異常は地球内部に原因することが再確認された.この異常は,磁場の変化ベクトルが東西を向く場合には,南北を向く場合にくらべてきわめて小さくなる.鉛直分力について,今回のs.f.e.の南北成分の影響を経験的法則により除去すると,異常はほとんどなくなつてしまうことがわかつた.したがつて,第一近似として,東西方向の変化のみによつては,異常磁場は発生しないことが結論される.この結果を従来考えられてきたモデルに適用すると,地下100~200kmの深さにあると推定されるリング状回路の両端はほぼ東西の線上において,電気伝導度の大きいマントルの部分に連結しているものと推測される.なお,汎世界的磁気ポテンシャルの分布にもとづいて,アジア大陸下の電気的性質を調べることができたが,その結果は従来地球の平均状態として得られていたものと大きな差はない.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12077
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0404004.pdf1.54 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください