UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12094

タイトル: The Chilean Tsunami of May 24, 1960 at Amami-Oshima
その他のタイトル: 奄美大島における1960年5月24日の津波
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1963年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第1号, 1963.6.30, pp. 35-43
抄録: 日本の南端に位する奄美大島は1960年のチリ津波のとき,周辺の島々に比べて異常な波高を記録した.筆者は奄美大島周辺におけるチリ津波のrefraction diagramをかき,また,奄美大島を,長さ60Kmの板によつておきかえ,その回りの波の回折を計算してチリ津波の異常波高の説明を試みた.その結果島の北端と中部の東岸の異常波高は一応定性的に説明がついたが,北東部の湾内の異常波高は説明できなかつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12094
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0411003.pdf374.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください