UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12099

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth. The Ninth Paper : Terrestrial Heat Flow Measurements in Kinki, Chugoku and Shikoku Districts, Japan
その他のタイトル: 地球熱学 第9報 : 近畿,中国,四国地方における地殻熱流量測定結果
著者: Uyeda, Seiya
Horai, Ki-iti
著者(別言語): 上田, 誠也
宝来, 帰一
発行日: 1963年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第1号, 1963.6.30, pp. 109-135
抄録: 10 measurements of terrestrial heat flow have been obtained in the western part of Japan, i.e. Kinki, Chugoku and Shikoku Districts. All except one of these localities are metal mines. Expressing the geothermal gradient ΔT/ΔZ in ℃/100 m, and the heat flow Q in 10-6 cal/cm2 sec, the data are as follows: Ikuno: Δ/ΔZ = 1.88, Q = 1.38 Nakaze: ΔT/ΔZ = 3.35-3.43, Q = 2.11-2.30 Yanahara: ΔT/ΔZ = 1.92-2.14, Q = 1.13-1.26 Isotake: ΔT/ΔZ = 3.82-4.25, Q = 3.30-3.68 Tsumo: ΔT/ΔZ = 1.80, Q = 1.09 Kawayama: ΔT/ΔZ = 1.49-1.98, Q = 0.86-1.14 Naka: ΔT/ΔZ = 3.04, Q = 1.79 Hidaka: ΔT/ΔZ= 2.87, Q = 2.12 Kiwa: ΔT/ΔZ = 1.85, Q = 1.31 Besshi: ΔT/ΔZ = 2.49, Q = 1.22 The distribution of heat flow reported in the present paper in- dicates the following: 1) Japan Sea coast of Southwestern Japan has relatively high heat flow (Q>2.0×10-6 cal/cm2 sec). This may be regarded as associated with the extension of the Tertiary volcanic zone from Northeastern Japan. The validity of this observation, however, should be treated with reserve, since the reliablity of geo- thermal data in Isotake is not high. 2) Absence of the area of low heat flow which was observed in the Pacific coast side of Northeastern Japan. With a few exceptions, heat flow data in the region suggests more uniform distribution than in Northeastern Japan. The zones of Mesozoic regional metamorphism, running through the region, show no indication of high heat flow.
1.本州西部および四国地方の10地点において地殻熱流量Q(×10-6 cal/cm2 sec),を測定した.すなわち,兵庫県生野:Q=1.38兵庫県中瀬:Q=2.11~2.30岡山県柵原:Q=1.13~1.26島根県五十猛(石見鉱山):Q=3.30~3.68島根県都茂:Q=1.09山口県河山:Q=0.86~1.14和歌山県那賀(飯盛鉱山):Q=1.79和歌山県日高:Q=2.12三重県紀和(紀州鉱山):Q=1.31愛媛県別子:Q=1.22である.本文第1図の測点分布と,この熱流量の値とを総合すると,次のことが見出される.すなわち,Q>2.0以上の高熱流量地域が山陰地方に帯状にあり,所謂大山火山帯と軌を一にしている趣がある.都茂,河山で,Q≃1.0の比較的小さい値を示す他には,東北日本にみられる太平洋側の低熱流量域の不在が顕著であり,このことは,日本列島のテクトニックスにとつて意味があると思われる.中生代に大変動をうけた,中央構造線をはさむ変成帯には,現在熱流量の異常はみられないようである.各測点での記録は以下のごとくである.本研究にあたつて多大の御援助をいただいた各鉱山会社鉱業所の方々に対して深い感謝を表明したい.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12099
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0411008.pdf2.33 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください