UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12104

タイトル: Waveform Analysis of S-Pulse from Deep-Focus Earthquakes. Part 1.
その他のタイトル: S波に関する深発地震震源の特性(第1報)
著者: Kasahara, Keichi
著者(別言語): 笠原, 慶一
発行日: 1963年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第1号, 1963.6.30, pp. 209-216
抄録: An analog computer circuit was constructed for the purpose of deducing the original waveform of S-pulse from seismograms. The present paper deals with the six deep-focus earthquakes in the Japan area by use of the records at Matsushiro with mechanical long-period seismographs. It is ascertained that the original pulse-form thus obtained can be well explained by H. Honda's theory of a spherical seismic origin. Good agreement of the theory with the observations enables us to estimate the apparent radius of the origin. If we look for an analytically simple function to approximate the reduced pulse-form, the following expression might be used, V(t)=A・exp(-c2t2),where, A is a function of such factors as earthquake magnitude, hypocentral distance, orientation of nodal planes, and so on.
地震記録に地震計の特性を拍正して「真の地動」を求める操作はアナログ計算機により容易に行うことができる.この方法を用いて,日本およびその周辺地域の深発地震数例に対しS波部分の波形解析を行つた.資料は松代の1トン長周期地震計(主としてEW成分)のものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12104
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0411013.pdf363.53 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください