UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12107

タイトル: An Empirical Formula for the Spectrum of Strong Earthquake Motions. II.
その他のタイトル: 強震動スペクトルの実験式 第2報
著者: Kanai, Kiyoshi
Yoshizawa, Shizuyo
Suzuki, Tomisaburo
発行日: 1963年6月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第1号, 1963.6.30, pp. 261-270
抄録: 日本とアメリカで得られた強震計記銀上の最大加速度と,それらの地震の常数を基盤における地震動に関する実験式に代入して求めた加速度とを比較して,両者の比は,地震動の強弱に関係なく同一場所では一定であることがわかった.このことは,一面では,この実験式の利用価値を裏付けるものであり,他面では,地震動の大きさが,地盤特性に大きく支配されることを意味するものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12107
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0411016.pdf431.84 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください