UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12114

タイトル: Studies of the Thermal State of the Earth. The 14th Paper : A Theory of Non-Steady mantle Convection
その他のタイトル: 地球熱学 第14報 : 非定常マントル対流論
著者: Rikitake, Tsuneji
著者(別言語): 力武, 常次
発行日: 1963年7月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第2号, 1963.7.30, pp. 343-355
抄録: Rotational motion of a rigid sphere placed in gravity and temperature fields is studied in the hope of getting some clue as to time-dependent mantle convection. The estimate of mechanical couple exerted to the sphere due to thermal expansion leads to an equation of motion which is given in a form of non-linear integral equation provided proper account is taken of heat conduction. Solving numerically the integral equation thus obtained, it is found that the sphere overturns in a way studied by Griggs. For cells having radii of 100 and 1000 km, the rapidly accelerating period is estimated to last some 108 and 106yrs respectively. The effect of heat conduction is serious for a small cell of which the radius is of the order of 100 km, while it can be ignored for a cell having a radius of 1000 km or more.
温度勾配のある重力場中に置かれた剛体球の力学的不安定を,熱伝導を考慮した上で,吟味した.このモデルはマントル熱対流に関するGriggsの理論を数式によつて定量化したものである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12114
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0412002.pdf613.05 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください