UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12124

タイトル: The Leading Wave of a Tsunami
その他のタイトル: 津波の第一波について : 津波の発生,伝播に関する古典的理論
著者: Kajiura, Kinjiro
著者(別言語): 梶浦, 欣二郎
発行日: 1963年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第3号, 1963.9.30, pp. 535-571
抄録: 線型近似の範囲内において,海面あるいは海底に与えられたある種の外的じよう乱に原因しておこる水の波の問題は古くから研究されているが,ここでは時間に関係する型のグリーン函数を利用して,一様な深さの海におこる波の問題を統一的に考える.特に外的じよう乱が時間的に簡単な形で与えられる場合(瞬間的な変動)には波の表現が簡単になり,波の性質を波源の特性(初期水位,瞬間的な衝撃,瞬間的な海底変動等)と波源のひろがりによるものとに分けて考えることができる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12124
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0413004.pdf1.62 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください