UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12125

タイトル: The Effects of a Bottle-neck on Tsunami
その他のタイトル: 津波に対する狭水路(ボトルネック)の影響
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1963年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第3号, 1963.9.30, pp. 573-580
抄録: 本論説において,筆者はボトルネックが津波に対してどのように働くかを調べて見た.得た結論の中で最も重要な点は,進入波の波長とボトルネックの長さおよび湾の長さとの間に特別な関係があるとき,湾口の内外の横モードが消え去ること.これらのことはDiscusion of Particular Casesの節の中で述べてある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12125
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0413005.pdf278.9 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください