UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12127

タイトル: Diffraction of Tsunami Invading a Semi-circular Peninsula
その他のタイトル: 半円形の半島をおそつた津波の回折
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1963年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第3号, 1963.9.30, pp. 589-594
抄録: 1960年のチリ津波が日本をおそつたとき,北海逆の襟裳岬,関東地方の犬吠岬で岬より少し根元に寄つたところで,津波の波高が最大値をとることを見た.筆者は,この現象を,津波の海岸線にそつての回折であると考え,これを定性的に説明せんとの考えのもとに,半円形の半島をおそった津波の回折を海岸線についてのみ計算した.そして回折波によつて,波高の最大点が実際に起り得ることを知つた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12127
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0413007.pdf252.09 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください