UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12138

タイトル: Dependence of the Phase Velocity of Rayleigh Waves on the Vertical Distribution of Elastic Constants
その他のタイトル: 弾性定数の変化によるRayleigh波位相速度の変化
著者: Kanamori, Hiroo
著者(別言語): 金森, 博雄
発行日: 1963年12月28日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第41冊第4号, 1963.12.28, pp. 781-800
抄録: The increment AC in the phase velocity of plane Rayleigh waves due to changes in elastic parameters at various depths of crustal model J-IV-3 have been calculated. Tables of, several derivatives facilitating the computation of dispersion curves, which would be of use in a short range study of crustal structures, are presented. Several examples showing the applicability of these derivatives are presented.
Rayleigh波の位相速度によつて地殻構造を議論する場合,いろいろな深さで弾性定数を変えたときに,いろいろな周期のRayleigh波の位相速度がどのように変化するかを知ることは極めて重要である.この論文では,弾性方程式のエネルギー積分を用いて,あるクラストーマントル構造について,いろいろな深さでの,ρ,λ,μ,α,β,σを変化した場合のRayleigh波位相速度の変化を求めた.これらを用いると,一つの構造についての分散曲線が求められてさえいれば,別の構造についての分散曲線を容易に求めることができる,また,ある周期のRayleigh波に対しては,どの位の深さのところの構造が一番強い影響力をもつかを定量的に議論することができる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12138
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0414007.pdf811 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください