UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12150

タイトル: 7. On the Bottom Friction in an Oscillatory Current
その他のタイトル: 7. 時間的に変化する流れに伴なう水底摩擦
著者: KAJIURA, Kinjiro
著者(別言語): 梶浦, 欣二郎
発行日: 1964年5月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第1号, 1964.5.30, pp. 147-174
抄録: The frictional coefficient C of an oscillating turbulent flow is estimated on the assumption that the eddy viscosity is proportional to the amplitude of the bottom friction velocity and the height above the bottom. The dependence of C on parameters such as the amplitude of the vertically averaged horizontal velocity, the period of the oscillation, the depth of water, and the roughness length z0(for the case of a rough boundary) or the molecular viscosity υ(for the case of a smooth boundary) is shown graphically by choosing suitable non-dimensional parameters. The frictional coefficient for the case of a laminar oscillatory flow is also discussed.
渦動粘性係数を,水底摩擦速度と水底からの高さに比例すると仮定して摩擦係数を計算し,底面が粗および滑らかな場合のそれぞれについて,摩擦係数が流れの振幅,周期,水深に関してどう変るかを適当な無次元量をつかつて図示した.浅海の潮流については,摩擦係数はz0/z(z:水深,z0:粗度長さ)によつてきまり,z0/zのもつともらしい値に対して摩擦係数は2×10-3程度となるが,周期の短かいセイシュなどでは摩擦係数が大きくなる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12150
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0421007.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください