UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12152

タイトル: 9. A Study of the Damage to Houses due to a Tsunami
その他のタイトル: 9. 津波による家屋の破壊についての一考察
著者: HATORI, Tokutaro
著者(別言語): 羽鳥, 徳太郎
発行日: 1964年5月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第1号, 1964.5.30, pp. 181-192
抄録: 津波による家屋の被害は,その家屋自身の強度以外に,船や木材などの重い巨大な漂流物の衝突などによるものがあるが,一般に津波の浸水高と速度の結合したものがある極限を越すとき,家屋は損傷する.1933年の三陸,1944年の東南海,1946年の南海道および1960年チリの各津波について,津波の高さ(M.S.L.上)と相田・影山(1961)が定義した家屋の破壊率D:D=(a+b+c/2)/(a+b+c+d)x100(%)a:流失,b:全潰,c:半潰,d:浸水との関係について吟味すると,Fig.1に示すように地域性あるいは個々の立地条件で,点のばらつきがあるが,同一波高に対し三陸津波は被害が大きく,他の津波に比し大きな溢流速度をもつたことが言えるようである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12152
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0421009.pdf704.08 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください