UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12153

タイトル: 10. Isotopic Ages of Uraninites from Japan
その他のタイトル: 10. 日本の閃ウラン鉱の同位体年令について
著者: SATO, Kazuo
SAITO, Nobufusa
著者(別言語): 佐藤, 和郎
斎藤, 信房
発行日: 1964年5月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第1号, 1964.5.30, pp. 193-202
抄録: Isotopic age measurements were made on three samples of uraninite from Japan. Lead was determined by the isotope dilution technique using a spike of stable lead. The results for two samples give a discordant age pattern generally observed on many young uraninites: Pb-207/Pb-206 age is higher than Pb-206/U-238 age. Pb-207/U-235 age agrees with the Pb-206/U-238 age for three samples. It is concluded that the Pb-206/U-238 age is the most probable and that discordant ages result from uncertainties concerning the original lead. All the minerals have approximately the same age, 100×106 years.
鉛法による各種同位体年令間の不一致については,2×1008年またはそれ以上の年令の鉱物に関する研究が多く行われている.年令が新しい鉱物の場合はradiogenic isotope/parent isotopeの測定誤差は一般に大きい.鉛法による見かけ上の年令不一致が測定によつて得られたときは,放射性起源の鉛の同位体の集積位が小であることおよび鉱物中の非放射性起源の鉛の同位体の量と存在比の不確実さが考慮すべき問題となる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12153
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0421010.pdf550.19 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください