UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12155

タイトル: 12. Some New Problems of Seismic Vibrations of a Structure : Part 2.(Case of a Dam)
その他のタイトル: 12. 地震動による構造物振動の新しい問題 : 第2報(ダムの場合)
著者: KANAI, Kiyoshi
YOSHIZAWA, Shizuyo
著者(別言語): 金井, 清
吉沢, 静代
発行日: 1964年5月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第42冊第1号, 1964.5.30, pp. 237-243
抄録: The idea of the multiple reflection problem of waves in an elasticlayer is applied to the problem of seismic vibration of a dam. It was found that the agreement of the observational result and the theoretical one in each actual dam is well beyond expectation. In general, the amplitudes of vibration at the top of the actual dams become relatively large and take naturally a decaying type. This is due to the energy dissipated outwards through the neighbouring medium, the problem being now of wave propagation and not of pure stationary vibration with energy condensed in a conservative system.
前回の研究結果では,地震動による建物振動は,地震波の重複反射の現象にほかならないことと,建物の振動減衰は,その内部では無視できるぐらい小さくて,ほとんどが,基礎と地盤との境界面で起こることが,よくわかつた.本研究では,前回と同様に,弾性体内での地質波の重複反射の理論解を,3つの実在コンクリートダム(塚原ダム,上椎葉ダム,佐々並川ダム)で観測された,それそれ1つの地震に応用してみた.その結果,コンクリートダムの場合にも,前述した,建物の場合に得られた結論と同じことが言えることがわかつた.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12155
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0421012.pdf377.12 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください